糸島観光

ちょっとヤバかった。みんなが知らない糸島のカフェサンセットの話|糸島をもっと好きになる!

「ちょっとヤバかった みんなが知らない糸島のカフェサンセットの話」の表紙

糸島をもっとすきになる。

「ちょっとヤバかった みんなが知らない糸島のカフェサンセットの話」はそんな本です。

「サンセットの話しって面白いのかな?」と買ったのですが、面白いです!!

まず何より読みやすいのです。

糸島ブームのきっかけとなったサンセット。そのサンセットにまつわるお話しです。

  • 元スタッフ
  • 常連客

サンセットに関わる沢山の人の想い出が語られています。

インタビュー形式になっているのですが、どのエピソードも面白い。

「面白い」の一言で語り尽くせません。

「サンセットの本」と思っていたら、人生のバイブルみたいな本でした。

サンセットにまつわるお話

「ちょっとヤバかった みんなが知らない糸島のカフェサンセットの話」

サンセットにまつわる話しなんですがその名の通り「ちょっとヤバい」のです。

なんと言いますか内容がディープ。

今でこそサンセット周辺の糸島って「おしゃれなカフェ」ってイメージで観光にいくじゃないですか?

この本は流行る前の糸島の話しも載っていて、「こんな話しがあったんだ」って目からウロコでした。

林さんの話しが凄い

サンセットオーナーの林さんの生き方が凄い。

格好良いし、哲学書みたいです。

「成功する方ってこんな感じなんだな」と、どのページをめくっても思います。

読み出すとページをめくる手が止まらないのです。

  • なんで糸島に店を出すのか?
  • サンセットライブの始まり
  • サンセットライブで揉めた話し

中には表現が凄い所もありました。

「ちょっとヤバかった」

その言葉を使った意味が分かりました。

糸島良い所だよ(^^)キラキラ~ってそんな本ではないのです。

もっと泥臭い糸島と言いますか、田舎だったけど、そこに憧れて皆が集まって、そこからサンセットが盛り上がってきた話しなんです。

文章で表現するのが難しい。

とにかく面白いので読んでほしいです。

元スタッフの話しも面白い

「ちょっとヤバかった みんなが知らない糸島のカフェサンセットの話」は元スタッフや常連客の話しで構成されています。

  • ラスティックバーンのオーナー
  • ナッティ・ドレッドの店主
  • プカプカキッチンのオーナー

1人1人のサンセットの想い出が載っています。

「ちょっとヤバかった みんなが知らない糸島のカフェサンセットの話」を読むと、その中に出てくる方のお店に行きたくなりますよ!

糸島にもっと行きたくなる!

「ちょっとヤバかった みんなが知らない糸島のカフェサンセットの話」の本を読むともっと糸島に行きたくなります。

本の中に糸島のレジェンドと呼ばれる山北さんが登場します。

山北さんは「ワイルドマート」というお店を営業されています。

あきめん
あきめん
登場する方のお店に行きたい!

これから行ってみてブログに掲載させてもらいたですね♪

まとめ

糸島のサンセットにまつわる内容がてんこ盛りの本です。

糸島のもっと深いことを知ることが出来ます。

糸島好きなら読んで間違いないです。

活字でこんなに面白い本は久しぶりでした。

本で読むのが面倒ならオーディブルなら無料で聴けます。(途中で退会して下さいね。)

サンセットにドライブに行くなら、この本を読むともっと楽しめますよ♪

本に出てくるお店に行くのも違った楽しみ方になりますね!

ぜひ読んでみて下さいね!

Go To Eatでお得にランチやディナーを楽しもう!
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。